転職のきっかけになったのはビジネスモデル

私は勤続年数もそれなりになり、給料も上がってきてはいたのですが、同じ同年代のサラリーマンと比べると比較的給料が安かったんです。その分業務内容が楽だったり負担や責任が少なければそれで納得できますが、そうではなかったので転職を考えたんです。最初は今より給料がよければ、どこでもいいやという安易な気持ちでいましたが、やはり、今やってる業務内容が生かせるような職場で働きたいと考えました。いざ探してみると、思ってた以上に企業の数があり、もちろん条件などがきびしいところもありましたが、そうゆうとこにこそよい勤務形態があったので、果敢に挑戦することにしました。私は、最終的な決め手がビジネスモデルだったんですが、そうしてよかったと感じています。仕事は前よりは忙しくなったと思いますが、やりがいは感じています。自分のなかの条件が整ったときやっと気持ちよく働けるんだなと実感しました。迷っている方はすぐにでも動くべきなんです。